球団案内

福島県民球団「FUKUSHIMA HOPES」福島ホープスは、本来「希望」や「望み」「期待」でありますが、私共はあえて「望み」「意」といたしました。

福島県は東日本大震災後、少しずつ子供たちが外で遊べる環境になってきています。
しかし、他県に避難されていますお子様もおります。私共は「子供たちが福島で育ち、笑顔を増やしてもらいたい」「野球というスポーツを通じて望みを持ち、地域の交流も活発になってほしい」等子供たち、地域の方々が「野球を通じて」色々な「望み」をもっていただける一助になればという思いで「望み:HOPE」と命名いたしました。

福島県民の皆様に愛され、育てていただける「福島県民球団」として2014年7月18日、スタートラインに立たせていただきます。

「FUKUSHIMA HOPES」福島ホープスは「BCL憲章」を礎に子供たちの、地域の方々の様々な「望み」を叶えられる球団を目指します。

福島県民球団の略歴

マスコットキャラクター

おかげさまでキャラクターの名前が決定いたしました。

公募いたしましたキャラクターのネーミング募集ですが、9月9日に締切、応募総数115件の中より、下記、高橋 流唯 さんの応募にて、男の子、女の子が共に「最優秀賞」に決めさせていただきました。
【最優秀賞】
男の子 ⇒ キーボー (由来/HOPESの希望から)
女の子 ⇒ ノゾミン (由来/HOPESの望みから)