タンパベイ・レイズ 始球式

ア・リーグV10周年記念イベントで、福島ホープスの監督 岩村明憲監督が始球式を行いました。

4日、本拠地セントピーターズバーグでのホワイトソックス戦の際に2008年のア・リーグ優勝から10周年を記念したイベンが開催され、当時、正二塁手だった岩村明憲監督がレイズの記念すべき今回のイベントで始球式を務めました。

岩村監督はレイズのユニフォームに袖を通し、当時二遊間を組んだバートレット氏相手に投球すると観衆から喝采を浴びました。

 

本日の福島民報新聞にもその模様が掲載されています。

民報社様、掲載ありがとうございます。